ウーマン

気になる妊娠線を予防するため手軽にできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

刺激に敏感な肌への対処

女の人

洗顔方法

敏感肌に悩んでいる人はたくさんいます。少しの刺激で痛みやひりつきなどを伴う敏感肌は、特に空気の乾燥しやすい冬に症状がひどくなり、多くの人々を悩ませています。敏感肌の人にとって重要なのが、洗顔です。顔はとてもデリケートな部分で、クレンジング剤などで特に刺激を受けやすい部分であるので、正しく洗顔を行うことが大切です。敏感肌の人にオススメなのが、朝の水だけ洗顔というものです。洗顔剤を使わない洗顔方法で、肌も引き締まり、さらに化学成分が肌に触れないため、症状を起こすこともありません。気になるのは汚れが取れるのかという部分ですが、朝の洗顔であればあまり問題はありません。夜にきちんと洗顔をしていれば、汚れは落ちていますし朝に水洗顔を行うことで、眠っていた細胞が起こされて肌が引き締まり、肌状態を改善させることにもつながります。

夜のケア

そこで気になるのが、夜に行う洗顔です。夜に行う洗顔は、水洗顔ではなくきちんとした洗顔剤を使用する方法がオススメです。その時の注意点としては、必ず洗顔剤をキメ細かく泡立てる、ということです。泡立ちを良くすることで、肌に洗顔剤がきちんと浸透し、肌の汚れを隅々まで落とすことが出来ます。また、ごしごしと強くこすることもなくなるので、摩擦による刺激が軽減されます。さらに、使用する洗顔剤は、なるべく化学成分の少ないオーガニックなものにするとさらに有効です。肌への刺激や負担をより軽減させ、敏感肌にとって適切な状態を維持することが出来ます。このように、夜には洗顔剤を使った正しいケア、朝は水洗顔を行うことで、敏感肌にとってベストな肌状態を保つことにつながるのです。